子育て

授乳で肩こり!どんな対策したらいい?

授乳姿勢から考える授乳中の肩こり対策

産後すぐから始まる赤ちゃんのお世話。まだまだ自分の体が整わない中で、お互いに慣れない授乳やミルクに集中するあまり、肩や背中が痛くなっちゃうママさんも多いのではないでしょうか?

今回は、授乳姿勢から考える、肩こりへの対策をご紹介しますね!

 

授乳クッションの高さは大丈夫?

授乳の際、クッションを使う方は多いかと思います。が、実はクッションだけだと高さが足りないことも多いんですよね。

ちょっとこちらを見てみてください。

クッションの高さが足りないと、この写真のように、ママが猫背になって赤ちゃんに合わせないといけなくなってしまうんですよね。

 

特に低月齢のうちは、授乳回数が多かったり、授乳やミルクを飲むのに時間がたくさんかかってしまいます。

この姿勢が1日のうちの大半を占めてくるのであれば、やはり肩や背中が痛くなることがあるかもしれません。

 

肩こり予防のための授乳姿勢

肩こりを予防し、赤ちゃんも飲みやすい状況を整えるためにはポイントは2つあります。順に説明していきますね。

1.座る姿勢を整える

「授乳の時はママがリラックスしてるのが大事」とよく言われますが、そのためにも、まずは土台となる骨盤の部分を安定させて座ることがオススメです。

ただ、産後すぐは自分の体がまだまだ使いこなせない時期でもあるので、自分で保つのは難しいんですよね。

  • 床の場合は、お尻の後ろ側にたたんだタオルをドアストッパーのように入れて座る
  • ソファや椅子の場合は、背中の部分に大きめのクッションを挟んで体を安定させて座る

このようにすると、楽に自分の体を安定させることができ、真っ直ぐな姿勢を保つことが可能です。

 

2.赤ちゃんの位置を高くする

ママが合わせにいくのではなく、赤ちゃんの位置を高くする事で、無理なくリラックスして授乳をすることができるようになりますよ。

一般的に売られている授乳クッションだけでは位置が低い場合、どうしても自分が合わせに行かないといけなくなってしまって首や肩が辛くなってしまいます。

 

高さが足りない場合は、

  • クッションの下にブランケットを置く
  • クッションの上に別のクッションを重ねる
  • イスに座り足台を使って膝の位置を高くする

などの工夫で高さを出すことができますよ。

 

リラックスして授乳するために

授乳の際はママがリラックスした状態でいい姿勢を作れるのが理想的です。

でも産後すぐは、まだ自分で長時間姿勢をキープするための筋肉も戻っていないため、そもそも難しいんですよね。

赤ちゃんが泣いているときには焦りもありますし、準備をするのはちょっと面倒なこともあるかもしれませんが、自分の体を守るためにも、赤ちゃんが飲みやすい状態にしてあげるという意味でも、クッションを多めに使うなどして環境を整えると、体も無理なく過ごしてもらえるのではないかな?と思います。

一度お試しくださいね。

 

ABOUT ME
理学療法士 近藤可那
理学療法士 近藤可那
病院のリハビリテーション科にて勤務後、自分の出産経験をきっかけに産前産後の身体のトラブルに対しての医学的なケアが希薄な事に気づき、この分野でのリハビリの勉強を始める。 産婦人科での活動のほか、産後の身体ケアサロン運営、ママや妊婦さん向け講座、理学療法士作業療法士向けの勉強会運営をしている。
免責事項

当サイトにコンテンツを掲載するにあたり、内容には細心の注意を払っておりますが、必ずしも正確性を保証するものではありません。
また、当サイトの全ての情報は診断・治療行為ではありません。
診断・治療を必要としている方は、すみやかに医師・各専門家に相談してください。
本サイト上の情報利用に関して発生した損害などに関しては、一切責任を負いかねます。