妊娠・出産

妊娠中にやってはいけないツボ

先日、地元の浜松市で、「お灸Cafe」を開催しました。
ツボにお灸しながら、のんびりナチュラルスイーツやドリンクを楽しむイベントです。


「家でできるお灸」がテーマだったので、家庭で冷えをためない、疲れをためないツボを選択しました。

ツボとは?


ツボというのは、東洋医学でいうと「気血きけつ」という、エネルギーや血流が足りない、詰まっている、流れがよくないポイントです。
そこを刺激して、体のバランスをよくしていくのが鍼灸なのです。

手足のツボや、肩のツボにお灸。
参加者さんは、「体がぽかぽかしてきた」「汗かくくらい熱い」「痛みが楽になった」などの感想を頂きました。

ほんのり赤くなりました♪


そんな中、妊婦さんも参加してくれました。
今回紹介したツボは、少ない刺激でも、効果の高いものを選んだため
妊婦さんはやらない方がいいツボが含まれていたので、それはやめてもらいました。

妊婦さんが避けた方がいいツボ

妊婦さんが避けた方がいいツボは、それほど多くはありません。
代表的なものはここです。

  • 合谷 (手の甲にあります)
  • 肩井 (肩の真ん中あたりにあります)
  • 三陰交 (足首の少し上にあります)
お灸 ツボ

なぜ避けた方がいいの?

どれも、強力すぎて刺激が強いのでやめた方がいいものです。
一般の方、産後にやるのは、回復のためにもとてもいいです。

実は、妊娠中は・・・

妊娠中は、お腹や下半身の巡り、血流が悪くなってしまいます。

下半身への温活やお灸は妊婦さんにも、赤ちゃんにも、とてもいいのです。

とはいえ、自己判断でやるのは不安でしょうから、鍼灸師の先生に体を見てもらい、最適なツボを選んでもらうといいでしょう。

私は二人目妊娠中は、毎日お灸していました。
そのおかげで、ぽっかぽかの、真っ赤っかの、まさに「ザ・健康!」な赤ちゃんが産まれました。
次回は、二人目妊娠中のお灸のことについてお話しようかなと思っています。

ABOUT ME
堀アキ
堀アキ
「薬に頼らない免疫力を上げる子育て」で3人の子育て中。 子どものアトピーを自力で解決したことをきっかけに、「肌からアプローチしないアトピーケア」で肌トラブルに悩むお子さんや大人をサポートしています。
免責事項

当サイトにコンテンツを掲載するにあたり、内容には細心の注意を払っておりますが、必ずしも正確性を保証するものではありません。
また、当サイトの全ての情報は診断・治療行為ではありません。
診断・治療を必要としている方は、すみやかに医師・各専門家に相談してください。
本サイト上の情報利用に関して発生した損害などに関しては、一切責任を負いかねます。