妊活

ピルを飲んでるから生理が順調…ではない

続発性無月経や月経不順への低用量ピル

月経不順が原因で産婦人科を受診する患者さんはたくさん見えます。

月経不順や続発性無月経のため受診されて、色々な検査をした後に、「月経を整えるために低用量ピルを飲みましょう」となるのは珍しいことではありません。

長い間月経が来ない期間が続くと、たしかに骨粗鬆症のリスクや不妊のリスクが高まったりとデメリットも大きいため、月経不順や続発性無月経の人にホルモン剤を投与して月経を起こさせることに関しては、必要な治療だと思っていますし、私もこれらの治療を行うことはありました。

ただ、忘れていはいけないのは、あくまでも月経が規則的に来ているのは、ホルモン剤を飲んでいるからであって、自分の体内のホルモンバランスが正常に戻ったこととはまた別の話である、ということです。
(中にはホルモン治療をしたあとに、排卵が戻り月経が整うという方もみえます。これを期待して治療するというのも一理あります。)

ピルを飲んでるから生理は順調です、でいいのか??

患者さん本人も「薬を飲んでいるから月経も順調だし、それでOK。」と思っており、いざ子供がほしいと思って薬をやめたときに、「月経が来ない」「排卵していない」という現実に向き合わざるを得なくなる、というパターンを何人も見てきました。

よくあるパターンとしては、

  • 子供が欲しくてピルを中止したが月経がこない
  • 高校生くらいのときに月経不順があって産婦人科でピルをもらい始めた
  • ピルを飲んでいれば月経は規則的に来るので、自分の月経は順調だと思っていた
  • 定期的に産婦人科にかかっていたし、自分の身体にどこか異常があるなんで思っていなかった

このパターン、よく聞きます、ほんとうに。

何年も前から月経が規則的にこない、あるいは数ヶ月も来ない、というSOSを身体はおくっていたわけです。その原因には目をむけずに、薬を飲んで生理が来ていればOKという状態で何年間も過ごせば、妊娠したいと思ったときに妊娠できず、不妊治療が必要になる可能性があるのは目に見えています。

この問題に関しては、患者さんが悪いわけではなく、医療者サイドにも問題があると思っています。

ストレスで生理がとまる

生理が乱れる、生理が止まる原因は、

  • 心理的ストレス
  • 無理なダイエット
  • 過度な運動
  • 薬剤性のもの
  • 脳腫瘍
  • 多嚢胞性卵巣症候群
  • 卵巣機能不全

などなど、たくさんありますが、ホルモンバランスの乱れと言われることが多いですよね。

産婦人科でよくいわれる、ホルモンバランスって何? 生理がなかなかこない、生理がきすぎる、排卵しない、更年期症状、月経前症候群(PMS)などで産婦人科を受診したときに、「ホルモンバランス...

視床下部ー下垂体ー卵巣という一連の流れの中で、どこかのホルモンのバランスが崩れてしまっている状態。

無理なダイエットやストレスというのは、視床下部に影響を与えますし、薬剤性のものや脳腫瘍なんかはプロラクチンというホルモンを増やすことで生理が止まる原因になります。エストロゲンとプロゲステロンのバランスが乱れれば、排卵や生理の周期に影響が出てきます。

ストレスってどんなときに感じやすいのかなどこちらの記事に書いてます。

ストレスと睡眠 ストレスに関するお話を最近は書いています。 一体ストレスって何なのかどうしてストレスを感じるのか産後うつになるのはなぜなのかその...
〇〇しかダメな育児が負担になっていない? 育児情報が負担になってない? いろんな育児情報が巷には溢れていますね。たとえば、「母乳vsミルク」「紙おむつvs布おむつ」…たぶ...

副腎疲労と月経との関係

不妊症や月経不順の原因の一つとして、副腎疲労症候群が挙げられます。

副腎疲労症候群って何?? 副腎疲労症候群とは?? あまり日本では馴染みのなかった副腎疲労症候群(アドレナル・ファティーグ)について書いてみようと思います。...

副腎というのは性ホルモンとも深い関わりがあるため、その副腎が疲弊することで性ホルモンのバランスが崩れて月経や排卵に影響が出ると言われています。

ですから、不妊症や月経不順、PMSなども副腎疲労症候群が背景にある人も中にはいるのではないかと考えられています。

副腎疲労症候群の記事にも書きましたが、あとは交感神経の過緊張

交感神経の過緊張というのは、ライオンに追われ続けている鹿みたいなものですが、この鹿の状態で月経が規則的にくるでしょうか?子供を作るために排卵するでしょうか?

きっと、それどころじゃないですよね。

じゃあどうすればいいのか?

今、月経不順がある、月経がしばらく来ていない。

この状況にまずホルモン治療を行うことに関しては異論はないです。すぐに他のケアの効果が出ればそれがベストですが、その効果がいつ出るかはわかりませんので、まずは月経がきちんときてくれることの恩恵を受け取りましょう。

それと一緒に、自力で生理がくるように土台を整えていきましょう。

月に1回の月経がくるのには、本当に様々な要素が絡んでいます。

睡眠や栄養、自律神経、ストレス…

どこに原因があるかは人それぞれ違いますし、私も患者さんの月経不順・無月経を100%解決してきたわけではないですが、「今まで順調に来ていた月経が乱れ始めた。来なくなった。」という身体からのSOSを少しずつ解決して、治療をやめたときに自力で月経が戻ってきてくれたら、そんなに嬉しいことはないです。

Facebok Liveをしています

Facebookライブではこのような話をゆるりとしています。

下記URLから申請をお願いいたします。

https://www.facebook.com/groups/653824301954664

ABOUT ME
原紗希
原紗希
現役産婦人科医。外来診療では検査や薬の処方だけではなく、患者さん一人ひとりに合わせた多方面からのアドバイスも行う。2児(6歳・2歳)の母。
免責事項

当サイトにコンテンツを掲載するにあたり、内容には細心の注意を払っておりますが、必ずしも正確性を保証するものではありません。
また、当サイトの全ての情報は診断・治療行為ではありません。
診断・治療を必要としている方は、すみやかに医師・各専門家に相談してください。
本サイト上の情報利用に関して発生した損害などに関しては、一切責任を負いかねます。