妊娠・出産

腹直筋離開とケア方法

先日Facebook内で、産前産後の理学療法士の近藤先生と一緒に「腹直筋離開」についてお話しました。

腹直筋離開が起きる頻度は?

腹直筋というのはお腹の前面を縦に走る筋肉です。
縦方向に走っているため、妊娠後期にお腹が大きくなってくると、左右の腹直筋の間が開いていってしまうものを腹直筋離開といいます。

腹直筋離開は、データ的には妊娠後期で6割くらいの人に起こると言われています。産後にも残る人は3−4割と言われています。

一応2cm開いたら離開があると言われています。おへそのあたりは、1cmくらいはだいたい開いてます。

何かしら腰痛などのトラブルがある方だと、もう少し頻度は上がっているような印象があると、産前産後の方をケアしている近藤先生は言っていました。

帝王切開のとき

帝王切開のときは、今は横切開を選ぶ方が多いですが、緊急事態やもともと縦切開の傷がある方は縦切開を選択することがあります。

帝王切開のおはなし はじめに この動画やサイトでお話していることは、一般的な医学知識に加え、一産婦人科医の意見や考え方も含みます。 一般的な医...

基本的には腹直筋の間を縦に切って、お腹の中に到達します。
横切開の場合も腹直筋の手前までは横ですが、腹直筋からは縦というパターンが多いようにも思いますが、正直手術方法というのは1種類ではないですし、手術中に何が起きるかというのもわかりませんので、その場でできることをして対応するということもあります。

腹直筋を合わせるか合わせないかも、病院やドクターによって違うと思います。

基本的には戻っていく

離開した腹直筋は基本的に戻っていきます。

その腹直筋が戻る自然な流れをサポートしてあげられるような身体の使い方、姿勢が大切になってきますね。

やっぱりここに行き着きますね。

腹直筋が横に引っ張られる力が強くなれば、戻りにくくなっていきますので、そこに意識を向けてもらえるといいかなと思います。

授乳時の姿勢

産後のぽっこりお腹
ママ必見!産後のぽっこりお腹はどうしたら戻る?妊娠前の洋服が入らない! 産後のぽっこりお腹が戻らない! どうしたらお腹は戻る?本当にこのたるみは戻る? 気にはなっているけれども、毎日...

上の参照記事内にも書いてありますが、下記の様な姿勢だと、腹直筋が戻るのを妨げてしまうような力が働いてしまいます。

とくにソファに座っているときや授乳中の姿勢というのに一度意識を向けてみてください。

授乳のときの姿勢の一工夫について、こちらの記事が参考になると思います。

授乳姿勢から考える授乳中の肩こり対策
授乳で肩こり!どんな対策したらいい?産後すぐから始まる赤ちゃんのお世話。まだまだ自分の体が整わない中で、お互いに慣れない授乳やミルクに集中するあまり、肩や背中が痛くなっちゃ...

呼吸

妊娠中や産後のお腹ケアや腰痛・尿もれ予防としての深呼吸のポイント
産後のお腹ケアやトラブル予防に!深呼吸のポイントをご紹介します深呼吸と聞くと、運動の後に体を整えるためにしたりするので、なんとなく呼吸を整えるという印象が強いかもしれませんが、実は、産前産後の体を整...

伸びるのに耐えうる腹筋群

お腹に大きい赤ちゃんがいるわけですから、妊娠中お腹の筋肉というのは伸ばされます。伸びるという状況にうまく耐えうる筋肉と、なかなか固くて伸びることが難しい筋肉、ここに違いがあるのか、考察してみました。(ここからは考察も含みますので、その点ご理解ください)

お腹の硬い人は胸郭も硬い?

胸周りの筋肉が硬い方は、どうしても胸郭の動きが制限されがちなので、お腹の方にも必然的に影響がでやすいかなと思います。

文献的にも、息を止めながら「よっこいしょ」と重たいものを持ち上げる動作が多い方というのは、どうしても腹圧がかかりやすい状況となり、腹直筋離開を起こしやすいと言われています。

妊娠初期から腹圧をかけないほうがいいという指導は、腹直筋離開の観点から見ても合っているということですね。

経産婦さんも上の子を抱っこするときなど、息を止めちゃわないように気をつけてみてくださいね。

つわりとも関係があるかも?

つわりがひどい人も胸周りの筋肉が硬いような印象があります。鳩尾のあたりだったり…。

横隔膜の動きが制限されていたり、背中側に空気が入らない場合も、胃の動きとしては落ちるので、つわりがひどくなりやすいのかなという印象があります。

あとは交感神経過緊張タイプの方。
このタイプの方は筋肉も固くなりやすいですし、呼吸も浅くなりがち。どちらかといえば痩せ型でがんばりやさんタイプ。

筋肉の質という観点からみても、色々合致するところがあります。

切迫早産との関係はあるのか?

これも文献でどうと言われていることではないんですが、子宮の増大に伴って腹筋群がうまく伸びていかないと、これもスペースに限界が来るので張りやすくなるだろうということは容易に想像ができます。

妊娠前から身体を整える

コラボ配信をしたり、いろんな勉強をしていると改めて、ここに尽きるなと本当に思います。

妊娠という大きく変化をする時期に、その変化に柔軟に対応できる心と身体を整えておくことは、今後の生活にも大きく影響してくると思いますし、子供の成長にも影響を与えると思うのです。

妊娠中も子育ても楽しい事ばっかりじゃないですよね。楽しいことと同じくらい辛いこともありますよね。

でも、自分が死ぬときに「あーいい人生だったな」って死にたいんですよね、私。ママたちにもそう思ってほしいなと思っています。

毎日5分のケアでも、1回の深呼吸でもいい。
自分の心と身体に意識をむけてもらえると嬉しいです。

ABOUT ME
原紗希
原紗希
現役産婦人科医。外来診療では検査や薬の処方だけではなく、患者さん一人ひとりに合わせた多方面からのアドバイスも行う。2児(6歳・2歳)の母。
免責事項

当サイトにコンテンツを掲載するにあたり、内容には細心の注意を払っておりますが、必ずしも正確性を保証するものではありません。
また、当サイトの全ての情報は診断・治療行為ではありません。
診断・治療を必要としている方は、すみやかに医師・各専門家に相談してください。
本サイト上の情報利用に関して発生した損害などに関しては、一切責任を負いかねます。