その他の女性のお悩み

欠乏感から自分の価値観を知る

先日、メンタルコーチの吉田哲也さんと行ったFacebook Liveのまとめ記事です。

人は価値観通りにしか生きられない

すべての人は、各々価値観をもって生きています。
そして、その価値観は誰ひとりとして同じ人はいません。

自分が何を大事にしているのか、自分の価値観を知ることは
人生の満足度や幸福度、生産性を上げ、ストレスにも強くなる、とっても大事なことなんですね。

現実から価値観を知る

そして、人はみな、自分の価値観に沿って生きていますので、
その価値観が人生に現れてきます。

Liveではスマホを例にみてみました。

  • Amazonでどんなものを買っているのか
  • ネットでどんなキーワードをよく調べるのか
  • アプリはどんな物が多いのか
  • どんな事をよくメモしているのか

などなど、これらをみるだけでも自分の価値観が見えてきます。

もう少し突き詰めていくと、

  • S;自分の空間
  • T;自分の時間
  • E;自分のエネルギー
  • M;自分のお金

をどこにかけているかを観察することで、自分の大事にしていることが見えてきます。

そして、「自分はこんなことを大事にしているんだな」とわかるだけでも、身体がフワッと緩むことがあるんですね。

価値はどこから生まれるのか

なにもないところから価値って突然湧いてこないですよね。
どうやって価値って生まれるんでしょう?

それが、欠乏や欠落なんですね。

お金に関して欠落を感じていれば、その欠落を埋めるためになにか行動します。

学力に対して欠落を感じていれば、勉強するでしょう。

健康に関して欠落を感じていれば、健康に気を遣うようになるでしょう。

人間は欠落を埋めようとする生き物で、欠落を感じれば感じるほど、そこに価値を置くようになるんです。

なので、欠落や欠乏感というのは、決して悪いものではないんですね。

欠乏感や欠落感から行動をし続けるのはちょっと苦しくなってくるときがありますが、はじめのキッカケとしては大きなパワーを持っていますので、どう利用するかが大事なわけですね。

自分の現在地を知る

自分の価値観を知るということは、自分の現在地を知るということです。

現在地がわからないと、目的地だけ決めても出発できません。

まずは自分の現状を知る、現在地を知る。
ぜひやってみてほしいなと思います。

Facebok Liveをしています

Facebookライブではこのような話をゆるりとしています。

下記URLから申請をお願いいたします。

https://www.facebook.com/groups/653824301954664

ABOUT ME
原紗希
原紗希
現役産婦人科医。外来診療では検査や薬の処方だけではなく、患者さん一人ひとりに合わせた多方面からのアドバイスも行う。2児(6歳・2歳)の母。
免責事項

当サイトにコンテンツを掲載するにあたり、内容には細心の注意を払っておりますが、必ずしも正確性を保証するものではありません。
また、当サイトの全ての情報は診断・治療行為ではありません。
診断・治療を必要としている方は、すみやかに医師・各専門家に相談してください。
本サイト上の情報利用に関して発生した損害などに関しては、一切責任を負いかねます。