妊活

まとめ記事;妊活のときの見直しポイント

みなさん、こんにちは。原です(*^^*)

こちらのページでは、妊活中の方や不妊で悩まれている方に
ちょっと見直してみてほしい思考パターンや
日常生活で取り入れられる生活習慣の改善ポイントについてまとめていきます。

色々やってみてるんだけど、他にできることないかなって方や
ずっと頑張っていてお疲れ気味の方は是非参考にしてみてください(*^^*)

また新しい記事を書き次第、追加していきますね。

ピルを辞めたら生理が来ない!

妊娠前から何かしら生理にトラブルがありピルを使用することもよくあります。

ただ忘れてはいけないのは

ピルを飲んで生理が順調だから生理不順は治った!ではない

ということです。

なかなか順調に生理が来なかったり、無月経の場合
治療としてピルを使用することがあります。
そしてこれはこれで大切な治療行為であることに間違いはありません。

ただ、妊娠を希望してピルをやめたときに
やっぱり生理がなかなか来ない、生理不順が全然良くなっていない
ということはよくあることなのです。

それはなぜか?

生理が乱れたり、生理がこなくなった原因にアプローチをしているわけではないから
ですね。

ココを知らないままずっとピルを内服され続けていた患者さんで、
「ピルを飲むときに知っておきたかった。そしたらできることがあったのに…」と
おっしゃっている方がみえました。

そういう方に向けてこの記事を書きました。

ピルを飲んでるから生理が順調…ではない 続発性無月経や月経不順への低用量ピル 月経不順が原因で産婦人科を受診する患者さんはたくさん見えます。 月経不順や続発性無月...

妊娠するのに大切なホルモンバランスとは?

こちらは基礎知識として知っておいてほしいことをまとめました。

2つの女性ホルモンがバランスを取りながら
生理を起こさせたり排卵したりするわけですね。

このホルモンバランスが乱れる原因についても簡単に触れています。

産婦人科でよくいわれる、ホルモンバランスって何? 生理がなかなかこない、生理がきすぎる、排卵しない、更年期症状、月経前症候群(PMS)などで産婦人科を受診したときに、「ホルモンバランス...

身体からアプローチ

妊活における睡眠の重要性

ちょっとまだまだ書きたいことはあるのですが…また書き次第追加しますね。

妊活中の方だけではなく、ありとあらゆる生理トラブルの方にまず話すこと。

寝てください。

睡眠の力をなめてはいけません(笑)

「妊娠力を高める」身体と心の育て方!睡眠編 妊娠力を高める3つの方法 1:身体を整える2:思考を整える3:感情を整える今回は、一番わかりやすい「身体を整える」ことにフォーカ...

また、睡眠による卵子への影響もわかってきています。

まず睡眠!これは本当に大事なので
妊活していて睡眠時間が足りてないわ…という方は
是非睡眠の優先順位を上げてくださいね。

寝るって大事!卵子への睡眠の影響 みなさん、こんにちは(*^^*)原です。 今日は睡眠について、卵子との関係からお話しようと思います。 睡眠は大事、寝るのは...

太陽光のすごいパワー

こちらは「太陽に当たる」ということをお伝えしたくて書いた記事になります。

ビタミンDは最近注目されている栄養素になりますが、
太陽光に当たることで合成することができます。

太陽光に当たることは睡眠にもいい影響がありますので
ちょっと時間のあるときに「気持ちいいー♡」て日向ぼっこしてみたり
散歩してみてはいかがでしょうか?

産科領域とビタミンD ビタミンDは非常に重要な栄養素として近年注目を浴びていますが、妊娠に関わる栄養素としては、まだ葉酸ほどの知名度はありません。身体にとっ...

マインドや思考からアプローチ

どうしてもマインド系の記事が多い傾向にあるこのサイトです(笑)

それには理由がありまして。
栄養や身体からのアプローチについて発信されている方は結構多いので
そちらから情報は取れるだろう思っているからです。

そして、妊活をしている方はそのような情報はすでにしっていて頑張っている。
そうなんです、すでに頑張っている方が多いのです。

でもなんだかうまくいかないし、苦しい…。

それは、頑張っている行動の奥の背景の思考にズレがあることが多く
そこを整えていくことで患者さんの表情が明るくなったり生理に変化があるということが
私自身、診察をしていて感じていたからなんですね。

頑張ってポジティブ思考にする必要もありません。
本当は飲みたくない、嫌いでたまらないのに頑張って飲む必要もありません。

まずは

自分の行動の背景にどんな思考があるのか?

ココを観察してみましょう(*^^*)

「妊娠できない」という思い込み・レッテルを剥がす

「自分は妊娠できない身体である」という思い込みやレッテル。

これは強烈に自分の体に現実として影響してきます。
これは医師側の責任も大きい部分だとは思うのですが…。

妊活が上手くいかない『思い込み』をもっていないかどうか、確認してみるのは一つ大切なことかなと思います。

『妊娠する人』、『妊娠しない人』の決定的な違いとは? 妊活を左右する意外な理由 「妊娠する人」と「妊娠しない人」の決定的な違いをご存知ですか? それは、ズバリ「認識」です。 ...

ポジティブ思考に無理になる必要はない

いいことばっかりを想像してポジティブでいないと…

そんなことはもうしなくてOKです。むしろ辞めましょう。

妊娠することはいいことばっかり
子育てにはいい面しかない…

これらは完全に幻想です。そんなことははっきり言ってありえないんです。

必要なのは

上手くいっても、いかなくてもどっちでも良いと言う、楽観的な「ポジティブ思考」

なんですね。

なぜ、『ポジティブ思考』な人ほど妊娠できないのか? なぜ、ポジティブ思考な人ほど妊娠できないのか、ご存知ですか? ハッキリ言いましょう。ポジティブ思考は不完全だからです。一般的な分...

焦りや焦燥感からの解放

妊娠できないんじゃないか?妊娠できなかったらどうしよう。

こんな思いを抱えながら日々妊活や不妊治療を行っている方も多いのではないでしょうか?

要するに、焦ったり、恐れたりしている状態ですね。

「恐れ」「不安」「焦り」という気持ちは、まだ起きていない未来に対して
「こうであってほしい」「こうあるべき」という理想をイメージした時に発生
します。

「未来を想像して行動する」というのは人間が持つ素晴らしい能力の一つではありますが
だからが故に体調を崩してしまうということもないわけではないんです。⇩⇩⇩

人間にしかない素晴らしい能力が病気や不調を引き起こす?!人間と他の動物の違いとは?! みなさん、こんにちはー原です(*^^*) ハワイってね、とってもいいところで気に入っているんですけど、 猫やカモや鶏もたく...

そしてこれらの気持ちを過度に、長期に渡って持ち続けていると
体内では「バトルモードのストレス反応」が引き起こされ続けてしまうんですね。

こんな気持ちから解放されていきましょう。

不妊でいる『真の意味』を掴めてますか? こんな悩みをお持ちの方はいないですか?妊娠できないんじゃないか?妊娠できなかったらどうしよう。そんな恐れや不安、焦りを手放すにはどうし...

妊娠したいのは誰の望みですか?

妊娠することに対して「妊娠しないといけない!」
こんな言葉のように“何か”に追い立てられている感覚はないでしょうか?

そんな感覚があるなという方は是非こちらの記事を。

自分の望みではないこと
そして自分以外の誰かの望みや、期待に応えようとしている状態でいると
身体は妊娠することに対してストレスを感じます。

自分が本当に大切にしていることは?自分は本当はどうしたい?

ここを自分に問いかけ続けましょう。

不妊を継続させてしまう大きな要因 不妊を継続させてしまう2つのパターン 妊活をする上で大切なことをお伝えします。 なかなか妊娠できないと悩まれている方の中に...

今までのまとめ&結果への執着をやめよう♫

今までの記事のちょっとしたまとめと
結果に執着せず、「今を楽しむ」ことについて書きました。

最強のメンタル状態は

「妊娠しても妊娠できなくてもどっちでも大丈夫」

ですよ(*^^*)

妊活や不妊治療に疲れてしまったら… なかなか子供ができなくて、それが悩みに変わると、毎月生理が来るたびに落ち込んで、「なんで私のところには赤ちゃんがこないんだろう」って落...

動画でまとめてみたい方はこちら⇩⇩

以前ライブ配信でお話したときの画像をまとめています。

聞き流しや、音声のほうがお好みの方はこちらからどうぞー(*^^*)

妊活中のベビ待ちさんへの心の処方箋 みなさん、こんにちは(^^)原です。 絶対に妊娠するという方法はないけれど、妊娠しやすい身体、妊娠にゴーサインが出せる身体という...
Add friend

ご質問はLINEからどうぞー(*^^*)
公式ラインでは、4つから選べる動画プレゼント中です♬
①婦人科トラブルの背景にあるエストロゲン過剰とは?
②妊活中の方はまず見直してほしいポイント
③ダイエットの成功とアンチエイジングの共通点
④言葉から読み解く身体へのストレス

ABOUT ME
原紗希
原紗希
産婦人科医。今は海外在住のため、対面診療はしていません。 外来診療では検査や薬の処方だけではなく、患者さん一人ひとりに合わせた栄養面や思考面からのアプローチを行う。病気を治すのではなく、人の持つ本来の力を発揮する状態を整える。
免責事項

当サイトにコンテンツを掲載するにあたり、内容には細心の注意を払っておりますが、必ずしも正確性を保証するものではありません。
また、当サイトの全ての情報は診断・治療行為ではありません。
診断・治療を必要としている方は、すみやかに医師・各専門家に相談してください。
本サイト上の情報利用に関して発生した損害などに関しては、一切責任を負いかねます。