妊娠・出産

【妊娠中の尿もれ】骨盤底筋って何?動かすためのポイント

妊娠中の尿もれと骨盤底筋

妊娠中や産後にしばしば聞かれる尿もれのトラブル。気になっていても、人にはなかなか言いにくいお悩みですよね…

今回は、尿もれのセルフケアとしてよく言われる骨盤底筋について少し解説をしていきたいと思います。

骨盤底筋ってどこ?

骨盤底筋群

骨盤を下から見るとこんな風に見えます。

  • 前は「恥骨」子宮の下方にある骨の部分から
  • 後ろは「尾てい骨」まで

自分で「恥骨」と「尾てい骨」触ってみてその間全部に骨盤底筋群があると思うと、結構広いな!という感じがしませんか??

 

実は「骨盤底筋」という筋肉自体はなくて、骨盤の底全体を覆っている細か〜い筋肉が集まったもののことを言います。

 

骨盤底筋群の役割

骨盤底筋群が何をしているのかというと、

  • 子宮や膀胱・腸などの臓器を支える
  • 排尿や排便をコントロールする

それぞれの役割があり、ずっと締めっぱなしにしていればいいというわけではなくて、必要な時に必要な動き(締めたり緩めたり)ができるということが大切になります。

妊娠中は少し動かしにくい

実は妊娠中は骨盤底筋群が少し動かしにくく感じる方が多いようです。

その理由は

  1. ホルモンの影響
  2. 子宮の重みが骨盤底筋にかかっているため
  3. 姿勢が保ちにくくなるため

などが言われています。

骨盤底筋群の動きが自分で感じにくいと、どうしても頑張って力を入れすぎてしまい、狙った動きとは違う動きをしてしまっている…という方が実は結構たくさんみえるんです。

どんな動きならいいの?

きちんと動かせている時

引き上がる動き

きちんと動かせている時というのは、この図のように骨盤底筋群が上に引き上がります。膣をきゅっと上に引き上げるようなイメージです。

違う動き

押し出している動き

一方、うまく動かせていない時は、下に押し出すような動きになってしまっています。腹圧がかかり逆に骨盤底筋群を緩ませる方向に動いてしまうので、こうならないようにするのが大切です。

妊娠中の方はまず先生にご相談を

ちょっと人には言いにくいお悩みかもしれませんが、実は最初の妊娠中で尿もれ(腹圧性尿失禁)がある方は、その後にも尿もれが出る可能性が高いと言われています。

その後の自分の体のためにも、そして、自己判断で無理なことをしないためにもまずは一度産婦人科の先生に相談をしてくださいね。

その際に「骨盤底筋のエクササイズしてみて」と言われることがあります。そんな時は少しこちらの記事を参考にしてみてもらえたらいいなと思います。

ABOUT ME
理学療法士 近藤可那
理学療法士 近藤可那
病院のリハビリテーション科にて勤務後、自分の出産経験をきっかけに産前産後の身体のトラブルに対しての医学的なケアが希薄な事に気づき、この分野でのリハビリの勉強を始める。 産婦人科での活動のほか、産後の身体ケアサロン運営、ママや妊婦さん向け講座、理学療法士作業療法士向けの勉強会運営をしている。
免責事項

当サイトにコンテンツを掲載するにあたり、内容には細心の注意を払っておりますが、必ずしも正確性を保証するものではありません。
また、当サイトの全ての情報は診断・治療行為ではありません。
診断・治療を必要としている方は、すみやかに医師・各専門家に相談してください。
本サイト上の情報利用に関して発生した損害などに関しては、一切責任を負いかねます。