プレ更年期/更年期

プレ更年期を大切に過ごす

プレ更年期

こんにちは。理学療法士の中村ユウです。

女性の一生のうちで、ホルモンバランスの大きな変化が起こる時期として

  • 思春期
  • 妊娠・出産
  • 更年期

があります。

なかでも更年期は、閉経前後5年間の45~55歳くらいの時期で、さまざまな身体的症状、精神的症状が現れることがあります。(症状が重い、軽いは個人差があり現れない人もいます)

ただ、女性なら誰しもがこのホルモンバランスの変化(卵巣機能低下に伴うエストロゲン分泌量低下)を経験することになります。

自分がどのような更年期を送るかはわかりませんが、45~55歳をできるだけ快適に過ごすために「今から備えておく」という視点をもっていてもいいかもしれません。

10年。けっこう長いです。

ここでは30代後半~40代前半までを「プレ更年期」として、今からできるセルフケア・セルフメディケーション方法をお伝えしていきたいと思います。

30代後半~40代前半は、子育て真っただ中のママさんも多いと思いますし、また仕事をされている方は忙しくもあり楽しい時期でもあるかと思います。ママである・なしに関わらず、少し先の将来を見据えてこの世代の女性に自分を大切にする時間をもって頂きたいのです。

女性ホルモンとストレスの関係

実は女性ホルモン(エストロゲン)の分泌量減少はこの「プレ更年期」から始まってきます。(プレ更年期の世代でも更年期症状が現れる方もいます)

女性ホルモンの分泌は

脳(視床下部)⇒ 脳下垂体 ⇒ 卵巣 

という指令の順番があり、卵巣から分泌されます。が、大元の脳(視床下部)はストレスの影響を受けやすい部位であるため、脳(視床下部)からの指令が乱れてしまうと、卵巣からの女性ホルモン分泌量が乱れてしまうのです。

ですから女性ホルモンのバランスを整えるためにストレスを抱えすぎないことはとても重要になってきます。

ストレスケアの方法

ストレスはありすぎても困りますが、なさ過ぎてもやる気の減退などに繋がってきます。バランスよくストレスと付き合うことが必要です。

ストレスケアの方法として私のおすすめは

  • 自分が何にストレスを感じているのか、感じやすいのかを整理する
  • ストレスを感じる環境から離れる
  • ストレスを解消できる趣味や好きな時間をもつ
  • 適度に体を動かしてリフレッシュする

ことです。特に、4番目の「適度に体を動かす」は今すぐこの場で、お金もかけずに行うことができます(かけようと思えばかけられますが)。更にストレス解消以外のメリットもあるため大変おすすめです。

とはいえ、これまで運動習慣が無い方は「どんな運動をしたらいいの?」「筋トレやジョギングは疲れるから無理」と思われるかもしれません。

しかし難しく考えなくても大丈夫です。椅子に座ってできる肩や首回りのストレッチを5分間行う、背伸びをして深呼吸をする。これだけでもすごくスッキリ感を味わえると思いますよ。

まとめ:プレ更年期は自分を見つめることを大切に

プレ更年期の過ごし方が健やかな更年期を迎えることに繋がっています。

まずは心にも体にも大きな影響を与えるストレスとうまく付き合う方法をもっていること。なかでも運動は手軽でおすすめです。

ABOUT ME
中村ユウ
中村ユウ
10年以上のリハビリ業務の経験から、病気にならないためには、心身共に前向きに過ごしていくためには「正しい知識をもっていること」「実践し予防すること」が大切だと感じ 予防医療の観点から健康サポートをしていきたいと思うように。 現在は医療現場から離れ、エクササイズレッスンや講座、パーソナルトレーニングなど「女性の一生涯を通した健康作り」に力を入れている。
免責事項

当サイトにコンテンツを掲載するにあたり、内容には細心の注意を払っておりますが、必ずしも正確性を保証するものではありません。
また、当サイトの全ての情報は診断・治療行為ではありません。
診断・治療を必要としている方は、すみやかに医師・各専門家に相談してください。
本サイト上の情報利用に関して発生した損害などに関しては、一切責任を負いかねます。