プレ更年期/更年期

プレ更年期に必要な運動(2)

プレ更年期

プレ更年期(30代後半~40代前半女性)に取り入れて頂きたい運動の種類、2つめは筋トレです。

  • 20代の頃と比べてお尻の形が違う
  • 階段を上るのがきつい
  • 足が細くなった
  • 姿勢が悪くなったと感じる
  • 身長が低くなった

このようなことを感じる人は、以前より筋力が落ちている可能性があります。見た目の変化も実は筋力低下(筋肉が上手に働いていない筋出力の低下も含めて)が原因のひとつです。

高機能な体組成計で測ると、筋肉量がどのくらいか、少ないのか多いのかもわかって参考になりますので、機会があれば是非計測してみてください。

「貯筋」で悪循環を予防する

40歳以上の女性では、「肩こり」「腰痛」「手足の関節が痛む」という症状がある方が3割を超えているといわれています。また、更年期症状のひとつとして「関節痛」が出ることがあります。

この、「痛みがある」という状態は運動習慣をつける阻害要因ともなりえます。

筋力が無い ⇒ 体を支える力が弱く関節に負担がかかる ⇒ 痛みが出る ⇒ 運動をしなくなる ⇒ 筋力が落ちる

つまり、更年期ではこの悪循環にはまってしまう可能性があるということです。

ですからプレ更年期では、筋力を維持・向上をして「貯筋」をすることをおすすめします。

ムキムキになる必要はありません。自分の体を自分で支えられるだけの筋肉があれば十分です。

自分の体重をおもりにして行う

  • スクワット
  • 腕立て伏せ
  • プランク

などは家でも行うことができます。(運動が久しぶりな方、産後間もない方は過負荷になりすぎないよう注意が必要です)

プレ更年期

「冷え」にも筋トレ

また女性に多く、更年期症状のひとつでもある「冷え性」にも筋トレは有効です。

上記の運動は大きな筋肉を使うので、やってみると体がぽかぽかしてくるのを実感できると思います。わたし達の体は、体温を維持するエネルギー生産の多くを筋肉に頼っています。基礎体温が低いという方も筋トレにチャレンジしてみてはいかがでしょう。

免疫力UPにもつながりますよ。

まとめ

筋トレには

  • 姿勢、スタイルの維持
  • 関節痛の予防
  • 冷え性の緩和
  • 免疫力アップ

などが期待できます。

筋トレへのハードルが高い方は「階段を昇る」習慣をつけることから実践を。

プレ更年期

(小さいお子さんを抱っこしている方は、足元が見えず危ないのでおすすめしません)

ABOUT ME
中村ユウ
中村ユウ
10年以上のリハビリ業務の経験から、病気にならないためには、心身共に前向きに過ごしていくためには「正しい知識をもっていること」「実践し予防すること」が大切だと感じ 予防医療の観点から健康サポートをしていきたいと思うように。 現在は医療現場から離れ、エクササイズレッスンや講座、パーソナルトレーニングなど「女性の一生涯を通した健康作り」に力を入れている。
免責事項

当サイトにコンテンツを掲載するにあたり、内容には細心の注意を払っておりますが、必ずしも正確性を保証するものではありません。
また、当サイトの全ての情報は診断・治療行為ではありません。
診断・治療を必要としている方は、すみやかに医師・各専門家に相談してください。
本サイト上の情報利用に関して発生した損害などに関しては、一切責任を負いかねます。