妊活

「妊娠力を高める」身体と心の育て方!睡眠編

妊娠力を高める3つの方法

1:身体を整える
2:思考を整える
3:感情を整える

今回は、一番わかりやすい「身体を整える」ことにフォーカスして、さらに「睡眠」をテーマにしていきますね。

不妊で悩まれている多くの方に共通していること、それは「睡眠時間」が少ない、「睡眠の質」が好ましくないというのが分かっています。

この睡眠が、「妊娠力を高める」基本の基になりますので、不妊で悩まれいる方、妊娠力を高めてご懐妊を望まれている方には必見ですよ。

妊娠力を高める「睡眠」のメリット

身体は目覚めているときは、食事などで外から摂取した食べ物などを体内で分解する作業が行われ、睡眠中に食事などで外から摂取した食べ物を取り込む「同化作用」が活発になると言われています。

同化作用が活発になると言うことは・・・
免疫力、骨、筋肉、細胞の成長や再生、修復が促されます。
つまり、睡眠をしっかり取ることで細胞(身体)が再生され、若さが保てる!!!

睡眠をしっかり取ると言うことは、免疫系を強化され、ホルモンバランスが安定し、新陳代謝が促進して、身体のエネルギーが増加することにも繋がります。

それは結果として脳のパフォーマンスを向上させ、妊娠力を高めることになります。

睡眠は、脳をキレイにして妊娠力を高める

実は、脳には代謝によって作られた老廃物や有害物質を除去し、身体を健康に保つ役割があります。

研究によれば、睡眠時は脳の老廃物や有害物質を除去する働きが、目覚めている時よりも10倍以上も活発になると言うことが分かっているそうです。体液循環(グリンパティック系)が活発になりリンパ循環の改善につながることで、子宮や卵巣の血流改善により栄養補給が可能になります。

となると・・・妊娠力を高めるには、やはり『睡眠』は超重要ですね!!!

睡眠は「量」より『質』

妊娠力を高める睡眠とは、量より『質』です。
『睡眠の質=卵子の質』に関係していることがわかってきました。
受精率の低下とも関連し、卵子の働きが低下して受精卵ができないようでしたら、『睡眠の質』を意識してみることをお勧めします。

日本人女性は1日当たりの平均睡眠時間は世界で最も短い(7時間36分)ことが報告されています。

※経済協力開発機構(OECD)

睡眠の『質』を高め、妊娠力を高めるポイント

1:夜は12時までに就寝し、朝は決まった時間に起床する
2:起床したら窓を開け新鮮な空気を取り込み、朝陽を浴びる
3:朝いちばんに白湯(200cc)を飲む
4:水をこまめに摂取し1日で1.5Lを目安にする
5:適度な運動をしてみる(呼吸法など)
6:食事はしっかりと噛むことをいしきする
7:ゆっくりと湯船につかり身体を温める
8:夜寝る前に1日を振り返り、感謝できることを見つける
  ※感謝日記をつけることをお勧めします
9:夫婦のスキンシップを高める
10:夜12時までには就寝を心がける

ABOUT ME
吉田哲也
吉田哲也
心と身体を通じて1万人以上の健康サポート実績、特に身体のバランスを整え妊娠力を高める整体、不妊の心理的背景を解消する独自のメソッドを使い、不妊からご懐妊へと導くサポートを得意とし多くの方からご好評を得ている。
免責事項

当サイトにコンテンツを掲載するにあたり、内容には細心の注意を払っておりますが、必ずしも正確性を保証するものではありません。
また、当サイトの全ての情報は診断・治療行為ではありません。
診断・治療を必要としている方は、すみやかに医師・各専門家に相談してください。
本サイト上の情報利用に関して発生した損害などに関しては、一切責任を負いかねます。