妊娠・出産

骨盤が歪む?座り方に注意

着物で正座

妊娠中から出産、そして産後は
今までの人生の中で
一番骨盤が歪みやすいときであると同時に
骨盤を整えるチャンスでもあります。
妊娠を機会に
座り方を見直してみましょう。

妊娠おなか

妊娠中に骨盤が歪むとどうなるの?

妊娠3か月あたりから
「リラキシン」というホルモンが増え始めます。
これは、
「関節や靭帯の緊張をゆるめ、産道を通りやすくするホルモン」です。

このホルモンのおかげで
妊娠中は少しずつ、骨盤が開きます。

しかし、同時に骨盤が歪みやすくなるリスクも高まります。

骨盤が歪むことで生じるリスクとは?

  • 腰痛や臀部痛、恥骨痛など骨盤周りの痛みが出やすい
  • 下半身がむくみやすい、冷えやすい
  • 赤ちゃんが産道を通りにくい

などが考えられます。

骨盤が歪む原因の一つに「座り方」があります。


骨盤が歪みやすい座り方と
骨盤に負担の少ない座り方を紹介します。

骨盤が歪みやすい座り方

骨盤によくない座り方

ライフスタイルが
椅子に座ることが多くなり
床に座ることが減ったため
お尻の筋力や骨盤内の筋力が低下し、
床すわりが苦手な人も多いでしょう。

椅子で足を組むときは、
ときどき、左右で組み替えるようにしましょう。

「横座り」「あひる座り」は歪みやすいです。
やめましょう。

骨盤の負担が少ない座り方

骨盤に負担の少ない座り方

座り方も大事ですが、
長時間同じ座り方をしてしまうことが
骨盤には負担になるので

こまめに変えるようにしましょう。

産んだ後のためにも

赤ちゃんのお世話は、
産んだ直後から休む間もなく始まります。

だっこ
着替え
授乳、ミルク
おむつ替え
沐浴など

おむつ替え

授乳は生後間もなくは1日に10回程度
そのたびにおむつを替え
服が汚れるたびに
着替えさせたり

産後も腰を痛めやすい
「前かがみの姿勢」が増えます。

妊娠中から骨盤のためにできること

  • 座り方を気を付ける
  • 骨盤ベルトを使って負担を減らす
  • 30分歩く
  • 階段を使う
  • 軽いスクワット
  • 下半身のストレッチ
階段を上がる妊婦

などを習慣づけて、
下半身の筋肉をしっかり使えるようにしておきましょう。

次回は妊娠中や産後の骨盤ベルトの使い方について紹介します。

妊婦と骨盤ベルト
妊娠中から産後まで!骨盤ベルトのつけ方3選 妊娠、出産、産後と骨盤にとっては負担が増えます。そんな時に頼りになるのが骨盤ベルト。痛みや不調が出る前に、あらかじめ用意しておきましょ...
ABOUT ME
堀アキ
堀アキ
「薬に頼らない免疫力を上げる子育て」で3人の子育て中。 子どものアトピーを自力で解決したことをきっかけに、「肌からアプローチしないアトピーケア」で肌トラブルに悩むお子さんや大人をサポートしています。
免責事項

当サイトにコンテンツを掲載するにあたり、内容には細心の注意を払っておりますが、必ずしも正確性を保証するものではありません。
また、当サイトの全ての情報は診断・治療行為ではありません。
診断・治療を必要としている方は、すみやかに医師・各専門家に相談してください。
本サイト上の情報利用に関して発生した損害などに関しては、一切責任を負いかねます。