妊活

お金をかけず効果的に睡眠の質を上げる方法があった!睡眠力を上げて妊娠力を高めよう!

前回は、妊娠力を高める身体と心の育て方!睡眠編としてお届けしました。
妊娠力を高める大前提として睡眠は語り過ぎることのないほど重要です。
睡眠だけでも丸一日の講座ができてしまう・・・( ̄∇ ̄)
それぐらい、睡眠と睡眠の質「睡眠力」は妊娠力と深い関わりがあります。

そして、今回は「睡眠の質=睡眠力」について、お金をかけずに効果的に睡眠力を劇的に向上させる方法をお届けします

睡眠力を劇的に高め、妊娠力を高める方法とは?

それは『感謝』です。
感謝と聞いてどう感じましたか?
感謝は良いことだと知っている人は多いと思いますが、その感謝が僕たちの健康にどう役立っているのか?を知る人は多くはありません。

「感謝の効果」についての事実を知ると、あなたは感謝できることを日常で見つけたくなるはずですよ。

実は、感謝の効果については、世界中で様々な研究がされています。
そして、今回は感謝の効果が、どうして睡眠力を劇的に高め、妊娠力を高める特効薬となるのかを解説していきますね。

感謝の効果を使い、睡眠力を上げて妊娠力をさらに高めましょう!!

1:感謝は『脳の免疫力』を上げる

2009年国立衛生研究所(NIH)の調査では、感謝を感じたり、親切な行動を取ることで、脳(視床下部:食欲、睡眠、体温、代謝、成長)が活性化されることが示されました。
(英文:人間の社会的価値の神経基盤:機能的MRIからの証拠)

これは、この研究で発見された感謝のメリットの1つです。
親切な行動や感謝の気持ちを感じることで、意欲や快感、多幸感を得るドーパミンと呼ばれる化学物質が脳に溢れます。

私たちが誰か(または何か)に本当に感謝しているとき、私たちの脳は、自らに自然な形で最適な恩恵(報酬)を与えることになります。

一度この感覚を味わい感謝を習慣化することで、他者に対する感謝や日常での感謝に目が向きやすくなりますよ。

The Neural Basis of Human Social Values: Evidence from Functional MRIRoland Zahn,1,2Jorge Moll,1,3Mirella Paiva,1Griselda Garrido,4Frank Krueger,1Edward D. Huey,1 and Jordan Grafman1
ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2733324/

2:感謝は痛みのレベルを低下させる

僕たちは、感謝の効果について、痛みに対する恩恵も見落としがちです。
感謝の気持ちを言葉にするという簡単なことが、実は肉体的な痛みを緩和することができるということが分かったそうです。

2003年に行われた「祝福を数えるvs負担を数える」と呼ばれる研究では、病気を抱えている患者に『感謝の日記』をつけさせれました。

祝福(感謝)に意識的に焦点を当てることは、感情や対人関係に利益をもたらす可能性が高いことが示されています。

この実験で被験者の16%が症状の軽減を報告し、被験者の10%が痛みの軽減、また被験者は主体的に運動し、回復への意欲が高かったことも示されました。

Emmons, R. A., & McCullough, M. E. (2003). Counting blessings versus burdens: An experimental investigation of gratitude and subjective well-being in daily life. Journal of Personality and Social Psychology, 84(2), 377–389. https://doi.org/10.1037/0022-3514.84.2.377

3:感謝は睡眠力を高める

感謝に関する多くの科学的研究がされていますが、感謝は身体的、または精神的に何かしらの恩恵をもたらしているという事実が明らかになっています。

また感謝は、私たちの睡眠の質=『睡眠力』を高め、眠りにつくまでの時間を早め、私たちの睡眠時間を長くすることも分かっています。

睡眠は、脳にある視床下部によって制御される重要なものの1つです。
(視床下部は、受精と妊娠に深く関わる超重要な部位です!!!)

『感謝』は脳:視床下部(辺縁系全体)を活性化するので、私たちが何かに(または誰かに)感謝を感じたり、親切な言葉をかけたり、利他の精神を伴う行動を取ることで、僕たちは上質で健康的な睡眠効果を得ることができます。

もちろん感謝と睡眠は健康にドミノ効果をもたらし、感謝日記で得られる恩恵をさらに拡大することができます。

たとえば、睡眠は多くの身体機能に深く関連しています。
不安、うつ病、痛み、ストレスを緩和するのに十分です。
また、免疫システムも強化され、健康を全体的にサポートします。

このように日常に『感謝の時間』を積極的に作ることは、心身の健康に良い影響を与えると多くの研究者たちも認めています。感謝は人にポジティブな気持ちをもたらし、不安や鬱を軽減し、より大きな目標を達成する原動力にもなることがわかっています。

また、病気の症状を抑えるといった身体的な恩恵があることも報告されています。
もちろん、感謝は妊娠力を高めることにも十分繋がりますし、妊娠中における母親の感謝の気持ちや自己肯定感は胎児や出産時にポジティブな影響を与えることも僕のクライアントさんへの個人セッションなどを通じて分かっていますよ。

感謝は不安や鬱を軽減する:https://www.tandfonline.com/doi/abs/10.1080/10503307.2016.1169332?journalCode=tpsr20
感謝は病気の症状を抑える:
https://insights.ovid.com/crossref?an=00006842-201607000-00005
睡眠前の感謝は認知メカニズムを通じて睡眠に影響を与える
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/19073292/

『感謝の効果』を日常に取り入れよう!

最後に簡単なワークをご紹介します。
まず、紙とペンを用意しましょう。

紙とペンを用意したら、今日1日を振り返ってみてください。
そして、どんな小さなことでも良いので、感謝できることをノートに書き出しましょう。

  • 笑顔で迎えてくれた〇〇さんありがとう
  • 大きな声で元気よく泣いてくれる子供にありがとう
  • 今日も目覚めてくれた自分にありがとう etc

最後の質問、今日1日の体験や経験は、ポジティブなこともネガティブなことも、すべてひっくるめると、私の人生にどのように役立てられるだろうか?

是非、今回ご紹介したワークを『感謝日記』として習慣にしてみてください。感謝日記を習慣化することで『感謝の効果』を日常で間違いなく体験できるはずですよ!

何事にも感謝する人は、そうでない人よりも、人生で恵まれることが多く、願望も実現する可能性も高くなります。これはシンプルな原則ですが、人生を変える力があります。感謝こそが成長と願望達成への鍵です。  Dr.ジョン・F・ディマティーニ

ABOUT ME
吉田哲也
吉田哲也
心と身体を通じて1万人以上の健康サポート実績、特に身体のバランスを整え妊娠力を高める整体、不妊の心理的背景を解消する独自のメソッドを使い、不妊からご懐妊へと導くサポートを得意とし多くの方からご好評を得ている。
免責事項

当サイトにコンテンツを掲載するにあたり、内容には細心の注意を払っておりますが、必ずしも正確性を保証するものではありません。
また、当サイトの全ての情報は診断・治療行為ではありません。
診断・治療を必要としている方は、すみやかに医師・各専門家に相談してください。
本サイト上の情報利用に関して発生した損害などに関しては、一切責任を負いかねます。